小説

最近読んだ小説

いつもの日記

トリカゴ(辻堂 ゆめ著)を読んだ感想

ざっくりあらすじから。産休戻りの蒲田署の刑事「森垣里穂子」は、後輩の育成に励みながら日々の業務をこなしていた。そんなある日、盛り場で殺人未遂事件が起き容疑者の若い女を取り調べることになったのだが、容疑者は無戸籍でさっぱり情報が得られないとい...
いつもの日記

水底フェスタ(辻村 深月著)を読んだ感想

さて、「傲慢と善良」より面白かったと言いたいもう一つの辻村作品の方の感想です。 さっくりあらすじを。 舞台は信州の寒村。音楽フェスタを地元に呼び込むことでてこ入れに成功したそんな村の村長の息子であり進学校に通う高校生の涌谷広海が、フェスタ会...
いつもの日記

傲慢と善良(辻村 深月著)を読んだ感想

本屋さんの平台に今も置いてる新書ですね。読みました。 ほんの軽くあらすじを。若い時はもてたが今はさっぱりな会社経営の40代男性と世間知らずのまま生きてきた30代の女性の二人が婚活を通して知り合い、結婚まであと半年というところで女性の方が失踪...
いつもの日記

「花神(かしん)」(司馬 遼太郎著)を読んだ感想

「大村益次郎」の一生を書いた本です。新潮社版のハードカバーを図書館の書庫からだしてもらい、読みましたが、分厚かったです。 歴史ものを読むのは好きですが、維新の村田蔵六(大村益次郎)は名前は知っていても、陸軍の祖と言われる人ぐらいで何をやった...
いつもの日記

怪物(福田 和代著)を読んだ感想

ざっくりあらすじを。刑事の香西は、事件のあった現場で「死」のにおいをかぐことが出来る異能の持ち主。退職までの暇つぶしと取り組んだ失踪事件を追っているうちに、死体を完全に消滅させることができるとある生ごみ処理施設との関係について気付き、それを...
いつもの日記

自殺予定日(秋吉 理香子著)を読んだ感想

まずざっくりあらすじを。やさしい母と真面目な父。料理一家に生まれた瑠璃は、幸せな暮らしをしていたのだが、母の突然の死をきっかけに生活が一変する。父の再婚と父の謎の死。継母による父の毒殺と財産の横領という疑惑からすっかりこの世が嫌になった瑠璃...
いつもの日記

英雄の書(宮部みゆき 著)を読んだ感想

ざっとあらすじを。主人公である小学五年生の友理子は、冒頭から中学生の兄が学校で殺人事件を引き起こしたまま行方不明になるという事件に巻き込まれます。悲嘆にくれる家族だが、日頃から優しく正義感の強い兄にかぎってどうして?という思いが友理子にはあ...
いつもの日記

密室の神話(柄刀 一 著)を読んだ感想

美術学校の別棟で人が死んでいるというタレコミを受けて、所轄署の刑事が確認に行くと通報通り被害者を発見するのだが、そこは何重にもなっている密室だった。というところからストーリーが始まります。主人公は、被害者と兄弟のようにして育った美術学校の男...
いつもの日記

キツネ狩り(寺嶌曜 著)を読んだ感想

これもざっくりあらすじを。刑事ものです。主人公は過去の交通事故で許嫁を亡くした女性警官の尾崎冴子。事故の際、右目を失明するがその時、特定の過去のビジョンを見ることができる特殊能力を授かる。やがてその特殊能力を駆使して、連続シリアルキラーを追...
いつもの日記

魔女の原罪(五十嵐律人 著)を読んだ感想

まずざっくりとしたあらすじを。自宅クリニックで透析を日々を受ける主人公宏哉は、隣で同じく透析を受けているクラスメイトの杏梨と暇つぶしの会話をしていたのだが、そんなある日のこと、杏梨が魔女の原罪って知ってる?と話を持ち掛けてきて・・・。といっ...