小説

最近読んだ小説

いつもの日記

やがて海へと届く

やがて海へと届く 彩瀬 まる (著) ストーリーを簡単にまとめると、 震災によって、行方不明になってしまった親友の事をずっと思い続けている主人公真奈。そして、あの世とこの世の境をさまよい続ける親友す...
いつもの日記

六月の輝き

六月の輝き (集英社文庫) 乾 ルカ (著) 今年初めての読書レビューになります。初めて読む作者さんの本です。図書館でパラパラめくってなんとなく惹かれるものがあったので借りて読んでみました。 ...
いつもの日記

優しい死神の飼い方

優しい死神の飼い方 知念 実希人 (著) ちょっと前の話題作です。気になっていたので、読みました。 アマゾンのレビューなどであらすじ紹介などはなされていますので、ストーリーの詳細説明は...
いつもの日記

幻視時代

What's New

忘れ物が届きます

忘れ物が届きます大崎 梢 短編集です。読んだ限りでは表紙のイラストと内容は特に関係しないみたいですね。各話独立の短編で五話収録されています。ちょっと謎かけが入ったストーリーで、面白いのは最初の1話と最後の5話でした。最後の短編...
いつもの日記

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ創元推理文庫 大崎 梢 (著) シリーズもの三作目で今回は短編集になっています。今回は読みやすくいい本だったと思いました。多絵という主人公のひとりのキャラクターの輪郭がいきいきしててイメ...
いつもの日記

六の宮の姫君

六の宮の姫君著者  北村 薫 四作目の「六の宮の姫君」は、それまでの三作とはまた毛色の違う作品でした。いつものごとく読みやすいので最後まで読んじゃいましたが、今作は読み手の力量を問われるというか...今までいろんな文学作品を読...
いつもの日記

秋の花

秋の花著者  北村 薫 小説としても読んでも面白く読めそうなミステリーという北村薫のシリーズもの第三作。二作目の「夜の蝉」を読んだ後続けて三作目である本作を読んでみました。情景をイメージしやすい文章で読んでて惹かれます。二作目、三作目とも...
What's New

空飛ぶ馬

空飛ぶ馬著者  北村 薫 北村薫のシリーズもの第一作。読んでみた感想は、いろいろなところのレビューで書かれているとおり面白かったです。上品というか綺麗というか…普通の小説として主人公の日常を読んでいく中に、ミステリーがするりと滑り込んでく...
What's New

英雄の書(上・下)

英雄の書(上・下)著者  宮部 みゆき 宮部みゆきのファンタジー小説その2。魔法少女ものですね。上巻はあんまり面白くありませんでした。下巻に入ってからの方が面白い。アマゾンのレビューにも書いてありましたが、小5の割には賢すぎな...
タイトルとURLをコピーしました