いつもの日記

教室に並んだ背表紙(相澤沙呼 著)を読んだ感想

 霊媒探偵シリーズやマツリカシリーズとは全然違って、ストレートな青春ものでこういったのも書くんだといったぁという感想。でも今年読んだ本の中では一番のお気に入りに。  六話構成になっております。いろんな悩みを抱えて教室に居づら...
いつもの日記

窓の外は向日葵の畑 (樋口有介 著) を読んだ感想

 高校生「青葉樹」が所属する江戸文化研究会の部長「高原明日奈」の失踪から、次々と事件が起きてしまう。謎の解明に主人公たちが挑むというストーリー。  最初は高校生の男子である「樹」が物語をリードして話が展開するのですが、途中か...
いつもの日記

五色の殺人者(千田 理緒 著)を読んだ感想

 あらすじは、高齢者のグループホームあずき荘で殺人が起き、そこに勤める新米介護士メイが同僚のハルとともに事件の謎をおっていくというストーリー。  入居者が犯人のシルエットをちらっとみたと証言しているものの、犯人の着ていた服の...
いつもの日記

笑う少年(樋口有介 著)を読んだ感想

「猿の悲しみ」の続編。敏腕調査員「風町サエ」が、今回は芸能プロダクションがらみの事件を追うというストーリー。ミステリーやサスペンスというより人情物語なんじゃないかと最近思い始めました。なんだかんだいって義理堅く情け深いサエさん。社...
What's New

扉絵を更新しました

夏っぽく。海のイラストを作りました。
いつもの日記

仮面の君に告ぐ(横関大 著)を読んだ感想

 正体不明の殺人犯に突然殺されてしまった涌井和沙。ところが一週間経って森千鶴という別の意識不明の女性に転移して生き返ってしまう。そして腕には、まるでタイムリミットを示すように一日ずつ日が戻ってゆく腕時計。タイムリミットまでに真犯人...
いつもの日記

猿の悲しみ 樋口 有介(著)を読んだ感想

主人公は、弁護士事務所に勤める調査員のサエ。敏腕で賢く力も強いスーパーウーマンなのだが、過去に過失致死罪を抱えるシングルマザーで、一人息子を溺愛する弱みと人間味を感じさせる人柄。 あらすじをざっと解説すると、おやじと呼んでい...
いつもの日記

あなたの隣にいる孤独 樋口 有介(著)を読んだ感想

訳あって転々と母親と転居を繰り返す戸籍の無い玲奈という女の子がひょんなことから、謎のリサイクルショップのちょっと頼りない周東とそのおじいちゃんを巻き込んで、定められた運命だと思い込んでいたサイクルから自分の人生を歩みだすハートフル...
Unity

[実験室・備忘録]【UnityでNovelゲームのスケルトンみたいなものを作ってみたい】[番外]

 メインではLive2DCubismのキャラを読み込んでいましたが、番外として、ノベルエンジンに静止画を読み込む実験もしていたのでそれも備忘録として残しました。 【実験1】パネルの中に直接立ち絵スプライト(3人)配置したらソートはど...
Unity

[実験室・備忘録]【UnityでNovelゲームのスケルトンみたいなものを作ってみたい】[6夜目(終わり)]

 さて、最後にテキストボックスの前に「ひより」が配置されている問題について対処します。  これは腕が四本の解決の時よりも混迷しまして、結果から言えば、画面構成まで巻き戻してCanvasを複数配置しないと対処できなかった??となります...
タイトルとURLをコピーしました