いつもの日記 » この記事

樹液少女

樹液少女
彩藤 アザミ (著)

 

トリックもののミステリー。

 

読んでみて面白かったです。作中に出てくるトランプ暗号はとけちゃったので、ある程度先の展開がよめそうに思えたのですが、解かなかった人も解いた人もともに作者にミスリードしてもらえるので、予測に確信が持てなくなることでしょう。結末も予測していたのとはだいぶ違って意外な終わり方でしたので最後まで楽しめます。

 

評価(4~4.5) ★★★★☆

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=1642