いつもの日記 » この記事

今月のきららMAXでよかったと思ったのとか

ここ数年のきららMAXは、入れ替わりが激しくてカオスっぽいのがちょっとアレだと思ったりしますがどうでしょうか。

ここ暫くのゲスト掲載の漫画でこれは面白いから連載して欲しいなという作品を、ブログですので勝手に書いておこう。

フタリキリキリマイ (著者 ノッツ)
前作のソラミちゃんの唄は良かったし、今作も面白い。ゲストではもったいない。

ぱぺっとと栞のラペル (著者 へちま)
最初はさらっと読み流してしまいましたが、読み直してみると面白かった。連載になってくれるといいなぁ。がんばって欲しい。

五月用の扉絵に変更しました。

タイトルのとおり扉絵をかえてみました。マスコットも久しぶりに描いた気がします。(;・∀・)

Unity4入門

Unity4入門
浅野 祐一、荒川 巧也、森 信虎(著)

ひよこ本の愛称で呼ばれているやつを読んでみました。読むだけは読み終わっていたのですが、打ち込みがずるずるとのびて感想を書くに至らなかった本です。Unityはもう5になっちゃってるのですが、スクリプトもjavascriptですし、はじめて読むUnity本としてとっつきやすいと思います。アマゾンの書評どおりとっておきたいいい本でした。

YU-NOのリメイク版がでるという話とか

あっという間に、2月も今日で終わりで明日から3月ですね。春らしくなってきましたが、花粉は今日もガンガン飛びまくっているので、ブログなぞ書いて部屋に籠城中です。折角ですのでここ最近気に留めているようなことを徒然に書いてみます。

 

1.表題のとおり、去年の暮あたりに発表されてたリメイク版の件。シュタインズゲートを遊んだ時、YU-NOの世界観に似てるなーとか思いながら遊んでいたので、パラレルワールドものの金字塔のリメイクには興味があります。旧作が好きなので、期待半分不安半分で今後の進展を注視していきたいところ。マルチエンディングシステムと分岐システムが連動してるのをどう今風に簡略化して解決するのかな?

 

2.いろいろ一時期ネットにバナー広告でてたので、チェックしてたんですが、これ=オカルティックナインって取りあえず小説のみ?(ゲームにはしないのかなぁ)とか、思ったり。

 

3.こんな感じのキャンペーンサイトのキャラクターとかサイトデザインとかに注目していたり。

 

 「コズミック・フォージ」視点が面白いし、デザインもおしゃれですよ。

 

 「食パンダッシュ やまだちゃん」パン食を推進するフリーペーパーのキャンペーンサイトとそのマスコットキャラ。リーフレットのデザインは味わい深いかんじで素敵だと思ってます。リーフレットおいてあるのは、京都限定なのね。京都発のものって色々斬新だったり、古いのに古臭くないというところがすごい。

 

4.最近の「きららMAX」は、「うにうにうにうに」が地味に面白かったり。じみーに独特の雰囲気を醸し出しててあれが無い月だとちょっとさみしいかったり。

 

5.Unityって5がでるんだ。最近4の本読み始めたばっかりなのに。(;´Д`)

はるひのの、はる

はるひのの、はる
加納 朋子

著者の本は、今回初めて読みました。面白かったです。ちょっと各短編の繋がりがややこしいので、整理しながら読み進めることになると思いますが、面白いと思います。最後の結末ですが、それで物語で懸念されてた問題は全て解決したの?という疑問は残ってますが、それはともかくお勧めしたい本です。

キミは知らない

キミは知らない
大崎 梢

アマゾンのレビューを見た感じでは、評価が割れてるみたいですが、自分が読んだ限りでは面白かったです。どこらへんが面白かったかというと、主人公の悠奈になった気持ちでストーリーにのっかっていくと、物語のかなり最後の方まで、誰が味方で誰が敵なのかがはっきりしないまま追い詰められていくという不安感を共有できるところが面白かったです。主人公との間に距離を置いて冷めた視点で読んでしまうと、登場してくる人物たちの一人一人に対しての描写に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

タイトルイラストを更新しました。

やっとイラストの更新ができました。今回は、冬の朝をテーマに地面から立ち上る冷気とか、吐く息の白さとか、降り積もった雪など思いつくものを色々放り込んでみました。皆さんは冬といったらどんなものをイメージしますでしょうか。

明けましておめでとうございます。

年末にかけてバタバタと動いてまして、すっかり更新できてませんでしたけど、今年もよろしくお願いいたします。今年の目標は、「健康第一」でしょうか。入院するのも、ふっとい点滴針挿されるのも勘弁願いたいものです。

(いいもの探し) LOFTで来年のカレンダーを買った

毎年買い続けているカレンダー。
なんともいい感じなのです。


11月になると毎年LOFTに買いに行くのですが、卓上版はすぐ売り切れてしまいます。人気があるんでしょう。

ご本人のブログ(Igloo*dining* Illustration site)

http://www.igloo-dining.net/

Java逆引きハンドブック

Java逆引きハンドブック
株式会社エイベル(著)

ここしばらく読み込んでたJava系の本で最後まで残った、分厚いリファレンス書です。とにかく分厚いです(更に字が小さい)。読むのも一苦労です。ある程度読んだら、興味のあるコードだけ打ち込んで動かしてみてあとは必要があったら引っ張ってくるといった使い方をすればいいんでしょうか。説明は理解しやすい方だと思いました。

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »