いつもの日記 » この記事

「ドアを開けたら」を読んだ感想

大崎梢(著)

ライト感覚のミステリーといった感じでしょうか。冴えない失業中の中年男性の主人公が、偶然知人男性の遺体を見つけてしまってというところから始まるミステリー。読みやすいと思います。大崎本の中ではなんとなく、前に感想を書いた埋蔵金を探すミステリーの系譜に近いような気がしました。中盤まではのほほんとストーリーが展開しますが、最後の方になると一気に急展開するという感じです。

★★★(+0.5★)…3.5点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
https://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=2398