いつもの日記 » この記事

JAGATの記事を読んでの感想

JAGAT[日本印刷協会](http://www.jagat.jp/)の記事を1996年から読み通してみました。
以下、つれづれなるままに書いた感想。

[読み取れたこと]
1.印刷業界はこの15年、売り上げが下がるか良くて横ばいで全体的に縮小し続けている。
2.DTP3種の神器についての記事が減ってきてるような気がした。ツールは良くも悪くも安定化したとか。
3.JAGATは、前々から電子書籍などに興味があるみたいだったが、クロスメディア検定を新設したりしてるところから、今後はそっちに向かうらしい。

[分からなかった点]
MacOSXベースでのDTP環境への移行は、この資料を基にするなら
毎年10%ぐらいずつ構成比が変わっているので、2012年にはほぼ終わるのかな?
■JAGAT設備動向調査にみるDTP環境
http://www.jagat.jp/content/view/985/422/

結局のところ、InDesignは、QuarkXpressにとって代わるぐらいまでになりつつあるのかないのか、よくわからなかった。

JAGATの記事は、面白いんだけど…

その一方で、ニューズウィーク日本語版のこんな記事を
読んでみたり( ´・ω・`)

■アマゾンの出版破壊から取り残された日本
http://www.newsweekjapan.jp/column/takiguchi/2012/03/post-478.php

前々から言われていたことだけなので新味は無いけど、アメリカと日本の違いはイノベーションに前向きかというところ。アメリカはお構いなしに実施した。日本はやると色々(関係業界間に)葛藤が起きるので実施を見送ってきた?

でも、結局のところどんなに抵抗しても日本もアメリカの様になるんだろうなぁ。

う~ん。

印刷・出版業界の皆さんヽ(・∀・)ノこうなったらいっそ立ち位置かえて作家にでもなる?

目指せ! 印税生活!!

少女

[少女]
作者 湊 かなえ

「告白」が面白かったので、読んでみました。アクが強いので好みが分かれると思いますが、私はこのダークな展開が大好きです。悪意がぎっしりつまってておなかいっぱいになりました( ´З`)=3 ゲップ。話がどんどん悪い方向へ悪い方向へと進んでいってしまうどうにもならなさがいいし、また表現もうまい。結末も期待を裏切らないものでしたので、是非お勧めしたい一冊です。金払って買う価値あり。

ビブリア古書堂の事件手帖

[ビブリア古書堂の事件手帖]
作者 三上 延

人気のライトノベル。一、二巻を買って読んでみました。北鎌倉のあたりの説明を丁寧にしてるところは好感。ストーリーも少しひねってあるので確かに面白いのですが、なんとなく主人公以下、淡々としててパンチが効いてないような気もします…だからライトノベルなのかヽ(´ー`)ノ

Another

[Another]
作者 綾辻 行人

図書館にハード版があったので暫く前に読みました。感想は、中盤までは読むのがしんどいかもしれません。眼帯少女とかすっころんだ拍子に傘が刺さって死ぬとか、スニーカー文庫とかのノリで、読むのやめようかとか思いました。しかし、中盤以降は面白くなります。結末も意外性があってよかったと思います。が、なんというか細部が荒いというか甘いという感じがしました。そこが気にならなければ面白い本だと思います。

ご注文はうさぎですか?

[ご注文はうさぎですか?]
作者 Koi

最近のきららMAXで一番のお気に入り漫画。単行本では、MAX掲載時のものを部分的に差し替えて手直ししてあるところがあるのに気付きました。まだ一巻目だけど、面白い漫画なので、これもそのうちアニメ化されるのかな?

ローマ人の物語

[ローマ人の物語]
作者 塩野 七生

図書館にあったので、読みました。ハードカバー版全15冊。

半年ぐらいかけて読み上げました。読み応えがありすぎてなかなかハードでしたが、読んでてイタリア史って改めておもしろいなーと思いました。

西欧国家の歴史の根っこに必ずローマ帝国という共通の土台があるので、各国史を読む前にローマ史を読んでおくと理解が進む気がしました。この本を読むとヨーロッパと北アフリカ及び中近東との深く長いかかわりに気づかされます。一国で完結しがちな日本人の歴史感覚と全然違うんですねー。

ローマ史を一通り読みこんだら、このシリーズを読む前に読んだルネサンス著作集1~7で取り上られているヴェネツィア史やビザンツ帝国の滅亡などをとり上げた短編三作、最近でた十字軍の本など読みすすめると面白いかと思います。

ちなみに今は、「ローマ亡き後の地中海世界」上下を読破中ヽ(´ー`)ノ

Pooka+

[Pooka+]
作者 酒井駒子

朝日新聞でこの春まで掲載されていた七夜物語の挿絵とか恩田睦の本の表紙イラストなんかで暗い基調の強い印象のイラストに興味はありましたが。絵本作家さんであることなのは知りませんでした。
なんというかとても好きなので、買いました。エッセイ仕立てになって読み物としても読めます。買ってよかったと思える本(´∀`*)

もっかい!

[もっかい!]
作者 4224

最近はめったに漫画本買わんのですが4224先生の「もっかい!」は買いました。きれいな装丁。中身もいい。一巻だけで終わりというのが惜しい作品だと思いましたが、一巻で終わらせたのも潔いのかなとも思いました。
次回作も期待したいところヽ(´ー`)ノ

9 / 9« 先頭...56789