いつもの日記 » この記事

備忘録(短命ポート)

図書館で借りた「ポート番号のしくみ」という本を読んでいます。10年くらい前に刊行された本なのでだいぶ古いですが、簡潔にまとめられていて復習に良いです。

で、備忘録として忘れないうちにφ(`д´)メモメモ…
[引用]
1~1023までは、サーバ・アプリケーション用に予約されています。この範囲のポート番号を特別に「ウェルノウン・ポート番号」と呼びます。
そして、1024~65535のポート番号は「クライアント・アプリケーション」に動的に割り当てられています。

はい。少し記憶があいまいになってました。ウェルノウンポートなどの名称ばかりに注意がいって太字の部分の何のために二つのグループに分けていたのか忘れてました。

続けて引用。

サーバ側のポート番号が「ウェルノウン・ポート番号」であり、クライアント側のポートが「エフェメラル・ポート番号」です。エフェメラル(はかない・短命)番号は通信が行われる際にアプリケーション間で適宜割り当てが行われる番号のことです。

例.)http の場合
クライアント
ポートXXXX(1024以上)

サーバ
ポート80

複数台接続してるとき、ルーターが短命ポート使って送信元の端末を判断するのに短命ポートって使ってるんだぁと適当な覚え方をしてたので、そこ修正しないと(;´Д`)

ルーター無しの一対一の時も上記例のように、ウェルノウンポート(サーバー)と短命ポート(クライアント)の関係が成立してるのね。

うん。改めて覚えなおした。

JAGATの記事を読んでの感想

JAGAT[日本印刷協会](http://www.jagat.jp/)の記事を1996年から読み通してみました。
以下、つれづれなるままに書いた感想。

[読み取れたこと]
1.印刷業界はこの15年、売り上げが下がるか良くて横ばいで全体的に縮小し続けている。
2.DTP3種の神器についての記事が減ってきてるような気がした。ツールは良くも悪くも安定化したとか。
3.JAGATは、前々から電子書籍などに興味があるみたいだったが、クロスメディア検定を新設したりしてるところから、今後はそっちに向かうらしい。

[分からなかった点]
MacOSXベースでのDTP環境への移行は、この資料を基にするなら
毎年10%ぐらいずつ構成比が変わっているので、2012年にはほぼ終わるのかな?
■JAGAT設備動向調査にみるDTP環境
http://www.jagat.jp/content/view/985/422/

結局のところ、InDesignは、QuarkXpressにとって代わるぐらいまでになりつつあるのかないのか、よくわからなかった。

JAGATの記事は、面白いんだけど…

その一方で、ニューズウィーク日本語版のこんな記事を
読んでみたり( ´・ω・`)

■アマゾンの出版破壊から取り残された日本
http://www.newsweekjapan.jp/column/takiguchi/2012/03/post-478.php

前々から言われていたことだけなので新味は無いけど、アメリカと日本の違いはイノベーションに前向きかというところ。アメリカはお構いなしに実施した。日本はやると色々(関係業界間に)葛藤が起きるので実施を見送ってきた?

でも、結局のところどんなに抵抗しても日本もアメリカの様になるんだろうなぁ。

う~ん。

印刷・出版業界の皆さんヽ(・∀・)ノこうなったらいっそ立ち位置かえて作家にでもなる?

目指せ! 印税生活!!

マルチサイトWordPressに内部IPでアクセスさせようとした

家のパソコンにもWordPressをインストールして、マルチサイト化してるんですが、今までは、ローカルホストでのアクセスのみしていたので特に問題は無かったんです。が、ちょっとLAN経由で別の端末からマルチサイトの一つを内部アドレスで指定して開こうとしたんですけど、これができない(;´Д`)

WP入れたマシンで、自分の内部IPを打ち込んでも127.0.0.1にリダイレクトされてしか表示されません。

で、結局、スタンドアローンでのアドレス変更するときにいじる[設定]-[一般]のところにあたる内容を、マルチの場合で探して[参加サイト]-[サイトネットワーク管理者]-[サイト]のリストから、192.168.XXX.XXX/24 のセグメントの端末からアクセスさせたいサイトの[編集]画面を呼び出して、かえればいいのかなーと打ちかえたんですけどやっぱりうまくいきません。・゚・(ノД`)・゚・。

しばらくいろいろ調べて、configにアドレスのオーバーライド指定したりしましたがこれはハズレ。でも、設定するところは限定されているのでどこか見落としがあるのかなぁともう一度見直してみたら、おかしなところがありました。それが下のキャプチャー

この様に192.168.1.2と打ち込んだら、http://192.168.1.2/wordpressとなってくれないと困るのですが、変更後、[設定]タブをよくみると、

と、なっていました。

(´・ω・`)

ちなみにきちんとしたアドレスに二か所手打ちで打ちかえて保存してあげたら、他の端末から内部IP直接指定でコンテンツにアクセスできました。

フクロウの鳴き声が聞こえた

夜中ですが、耳を澄ますと自宅の裏手の保全林から本土フクロウの「ゴロスケ・ホーコー」(五郎助、奉公)っていう鳴き声がします。Youtubeのhttp://www.youtube.com/watch?v=bU70he7VHIM の投稿動画と全くおんなじ鳴き声で鳴いてます。都心から20~30キロ圏なんですけど、夜になるとタヌキでたり、フクロウ鳴いてたりして実に楽しいです。

今更モニタキャリブレートしてみたりとか

久々に「こちら大久保デザイン事務所」を読み返して、そういえばモニタ買い替えてからプロファイル作らないで作業していたなーと思い出しましたよ(;´Д`)

ほんとは測色器ついてるナナオのモニタほしいなぁ~なんて思ったりするけど、一番安いのでも十万するし、24インチのだと( ´Д`)=3

なのでWindows7のシステムでサポートしてるウィザードでプロファイルの作成をしてみました。自分の感覚だよりなのであてにはなりませんが、いい事にする!

メインの三菱のRDT221WM、プロファイル設定後と前と比べるとモニタ画面の明るさが若干下がりました。うーん。明るさに関してはサブのナナオL365に近くなったのかなぁ(;´д`)ゞ

念の為、イラストレータで金赤出してみて、手元の印刷物の金赤と比べて見た限りは極端な違いは見られないみたいなのでモニタ合わせはアバウトですがこんなもんでいーかと。

おーそれとは別件で、http://kisekae.make-miracle.jp/kisekae.html で
作ってみました。今日の気分のキャラ。髪型がこれじゃない感がありますが、今日はこんなもん。

今日は暑かったのでこんな感じで!

..その時の気分で作って時々打ち上げちゃおう(簡単だし)

うむ。

今月のきららMAX(6月)で面白いと思ったランク

一番…ご注文はうさぎですか? いつも面白い。
二番…すずめプロジェクト 面白いので連載希望。
三番…△コンプレックス,Free!,きんいろもざいく の三つが均衡。
MAX全体は好みの作家陣が多かったり。キャラットがその次で、ミラクも好みの作家さんが。無印のきららが何故かドベ(;・∀・)

少女

[少女]
作者 湊 かなえ

「告白」が面白かったので、読んでみました。アクが強いので好みが分かれると思いますが、私はこのダークな展開が大好きです。悪意がぎっしりつまってておなかいっぱいになりました( ´З`)=3 ゲップ。話がどんどん悪い方向へ悪い方向へと進んでいってしまうどうにもならなさがいいし、また表現もうまい。結末も期待を裏切らないものでしたので、是非お勧めしたい一冊です。金払って買う価値あり。

ビブリア古書堂の事件手帖

[ビブリア古書堂の事件手帖]
作者 三上 延

人気のライトノベル。一、二巻を買って読んでみました。北鎌倉のあたりの説明を丁寧にしてるところは好感。ストーリーも少しひねってあるので確かに面白いのですが、なんとなく主人公以下、淡々としててパンチが効いてないような気もします…だからライトノベルなのかヽ(´ー`)ノ

Another

[Another]
作者 綾辻 行人

図書館にハード版があったので暫く前に読みました。感想は、中盤までは読むのがしんどいかもしれません。眼帯少女とかすっころんだ拍子に傘が刺さって死ぬとか、スニーカー文庫とかのノリで、読むのやめようかとか思いました。しかし、中盤以降は面白くなります。結末も意外性があってよかったと思います。が、なんというか細部が荒いというか甘いという感じがしました。そこが気にならなければ面白い本だと思います。

朝起きたら、部屋の中が霧でいっぱいに

今年もついに花粉がきました。つ´Д`)つ体がだる~い。例年より20日程遅い到着でしたが、終息するのも遅いんでしょうか?

(さらに…)

17 / 18« 先頭...10...1415161718