What's New » この記事

箱ぎっしり

手紙イベントの黒龍箱が銀行に49個入っていたのでみんなあけてみました。

Result::
水石 3
闇石 4
光石 7
土石 1
火石 4
木石 3
金石 2
25万セゲル袋 6
30万セゲル袋 3
35万セゲル袋 4
40万セゲル袋 3
漢方薬 1
黒飴 4
ピヨグラ 1
自然石 1
火(頭) 1
水(頭) 1
闇(胴) 1
水(胴) 1
アクセ(Ⅰ) 2

以上

結局、爪でなかったよ(つд⊂)エーン

黒龍箱の経過

13個開けてみました。相変わらず火石と闇石が多めにでるような気がします。

メタロイドハンマーを精錬した

G精錬してみました。ピンクダイヤ5個で補助が済むのはありがたいが、精錬費用が高いのは悩ましい。

黒龍箱途中経過

17個分開けてみました。

ヽ(`Д´)ノ

龍の爪なんて出る気がしない…

こっそり覚えるIllustratorのワザ

こっそり覚えるIllustratorのワザ
著者 山田 充

本屋で気になったので、つい買ってしまいました。値段もそれほど高くはなかったので。感想はというと、作業時間短縮のためのショートカット系のTIPSは、お好みでチョイスして覚えればいいのかなというのと、アピアランス機能を駆使したTIPSは、自分の手元で完結するものなら使っても大丈夫だろうけど、入稿相手がある場合はよく考えないでうっかり使ったらトラブルになるんだろうなぁ…きっとヽ( ´ー)ノ とか、思いました。2章の一部、4章・5章に覚えておきたいあるいは使ってみたいTIPSが自分にはあったので、2000円ならペイするかと思いました。画像にアピアランスでフチつける手法と、ホイールを使って移動や拡大・縮小するTIPSなどは使いたいところ(ナビゲータとルーペでやるより一手間はぶけそう故)

黒龍イベント

やっと…10等茶器みたいなのでた(;・∀・)
でも欲しい爪は無理だよね( ´Д`)=3

スケリエル書(三回目)

なけなしの資金と資材を投じて三回目のトライをしましたが、また失敗(´・ω・`)ガッカリ…
今度はCT杖ができました。Hit、SP、CTと揃ったので今度こそ成功して欲しいなぁ。青い気運の石125個とか集めるのも購入するのもきつすぎ

黒龍箱イベントで瘤とり爺さんの話みたいな展開に

欲の無いメロンさんには、二回目なのに自然石が「あら、素敵」ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

それを横で見ていた欲深いぱぱいやさんには、しょげる袋が…五回以上開けてるのに「なんでじゃー」(´Д⊂ヽ

物欲センサーの効果てきめんですな。m9(・∀・)ビシッ!!

こっちの本の方がよりいいかも

ロベールのC++入門講座
作者 ロベール

前回の本よりこっちの方がいいと思ったのでこっちを今回はとりあげてみます。

ウェブサイト版の方を読んでいるので、書籍版は書店で目次を追ってぱらぱら読んだ程度なので本の方はなんともいえないのですが、ウェブの方を読んでみて分かりやすく説明してくれているので、書籍もお勧めだと思います。

ウェブ版での第三部あたりのちょっと細かいところまで丁寧に教えてくれるのがうれしいところです。あと(自分にとってはですが)、ちょっとつまづいたりする程度に難しいところがあるのでそこは自然と自分で調べる様に仕向けているところもいい感じです。訳本より日本人が理解しやすいように書かれてるように感じられます。

本の方は電話帳みたいにすごい分厚いので、読むのも大変ですがとにかくずっと手に持って読むということができないのはマイナス。電子書籍版を考えた方がいいと思うのでした(;・∀・)

ゲームプログラマのためのC++

ゲームプログラマのためのC++
作者 マイケル・ディックハイザー

訳本って苦手なんですが、図書館にあったのでゴールデンウィーク期間中に読んでました。タイプとしては全体を網羅する感じの本で、この本を全部読むのに一週間以上かかりました(結構根気がいりました)。アサート文・インクルードガード・例外処理など興味がある項目を拾って小さな実験プログラムを自分で作ってみました。C++の初級本では(例外処理は別として)この辺の説明に触れてこないので、よかったです。手元に置いておきたい本かと思います(全部読み返すのは大変ですが、興味がある章だけその時々読み返せばいいと思う)。