いつもの日記 » この記事

霞城壽

最初のとは別の壽ですね。開封直後はやっぱり淡白だったので、一口、二口飲んだ後は冷蔵庫に入れて何日か放って置いたんですが、数日後に改めて飲んだら随分甘くなっていたように感じました。ちょっと日をおいてから飲んだほうが甘みが出てきて美味しいです。★★★星3つ。

男山

これの前に上喜元のカップ酒を飲んでるんですが、写真取る前に飲んじゃったので、割愛。まぁ有名なのであれはいいや。美味しかったです。で、お次は、男山という銘柄のお酒。これ、とっても美味しかったです。個人的には諏訪の真澄が好みなので、どしっときて甘みを感じるこのお酒がとっても口に合いました。山形のお酒おいしいなぁ。また山形に行く機会があったら買ってこよう。★★★★星4つ

栄光冨士

天童のマックスバリュで買ったワンカップ酒のその二。

千代壽よりは、味が濃かったです。クセも無く飲みやすい感じの日本酒だと思います。飲んでいておいしいのでまた飲んでみたいかも。★★★3つ星

千代壽

ちょっと前に山形の天童を旅行してきました。最近、酒造メーカーに行ったり、旅行先のスーパーに立ち寄って土地の人が飲んでいるカップ酒の類を収集するのがマイブームになっています。味覚には、個人差があるので好き好きですが、せっかくなので飲んでみた感想を書いてみたりします(酔っぱらいながら書いてますので乱筆ごめんなさい)。

一回目は上の千代壽。飲んだ感じでは、とっても淡白な感じでした。クセは無いので飲みやすいけど、あんまり印象に残っていません。別のメーカーの壽は、開けて暫く放っておいたら甘くなったのでこれもそうなるかもしれません。これに関しては、開けて全部飲んじゃったのでわかりません。よって、★★2つ星