What's New » この記事

カスペルスキーの低負荷スキャンとWindows10起動時画面真っ暗トラブル

Windows10を使っているんですが、通常どおりに電源を落として暫くしてから再起動したら(※Windowsアップデートファイルを最後にダウンロードしいていたかは見ていない)、BIOS起動後、ログイン画面に入る前の段階で、画面が真っ暗でマウスポインタのみ表示されるという異常な状態に陥りました。

 

こうゆう現象が起こるという話は以前聞いたことはあったんですが、実際突然自分がこれに直面するとなるとこれは焦ります。(;゚ Д゚) …!?

 

なんの予告も無かったし(※終了時の画面確認しないまま離席した)、何が起こっているのか画面が真っ暗な上、ハードディスクへのアクセスだけが延々と続くというのは、とても気持ちの悪い現象ですね。ハードディスクへのアクセス中にリセットもやりたくないし実に困ってしまいます。 ヽ(;´Д`)ノ

 

但し、マウスポインタは動くし、ハードディスクのアクセスランプは何らかの仕事をしているような感じでしたので、様子見という形で2時間ほど放置しておきました。が、2時間経ってもなんにも変化が無いので、リセットボタンで再起動をかけました。再起動後は特に問題無く、ログイン画面から普通に機動することができましたが、あのハードディスクのランプの点滅の仕方は、ウィルスチェックをしてる時とか、システムのバックアップの類をとっている時の様なせわしないアクセスの仕方でしたので、うちのアンチウイルスソフトのカスペルスキーのログを確認したところ、ちょうど画面真っ暗の時間帯に「低負荷スキャン」というのを一時間半近くかけて実行してるのが確認できました。ログインはしてないけど、OSは起動してアイドル状態だったから、スキャンしておいたよということだったんでしょうかね? どうもすっきりしないですねぇ…。

アマゾンでPhotoshop CC 30%OFF だったので、買ってみた

アマゾンから、夏のバーゲンということで今日8月25日と明日26日の2日間、Creative Cloudフォトグラフィプラン 個人版を1年間8,232円でダウンロード版を売っていたので、レビュー評価に書いてあるように、3つ買って重ねて3年分ライセンスを購入しました。一緒についてくるLightroomもAndoroidから写真を取り込むときに便利そう。

 

CS5以降あんまり内容が進化したようには、思えないのですが、全く最新版を触ったことが無い状態が続くのもどうかなという心理が働いて、年8,000円ならば…と、折れたというのが正直なところですね。

 

誰にも探せない

誰にも探せない
大崎 梢 (著)

今年の二月に発売された新しい本。武田の埋蔵金から話は始まっていくミステリー小説。読み終わった感想としては、ちょっとご都合主義的展開も無きにしもあらずとは思いましたが、コンパクトにまとまっており、一気に読破できました。良本だと思います。個人的に、旅先としての奈良田温泉についていろいろ調べてる時でしたので、本をパラパラめくって試し読みした時は不思議な感じでした。

Galleryにイラストを一点追加

間が空きましたが、一点追加。

ひさしぶりの更新

色々ありまして、お正月から更新しておりませんでした。が、やっと動けるようになりましたので、扉絵も代えましたよ ε-(´∀`*)ホッ

このページもなんだかんだで19年目に入りますが、しぶとく続けるつもりなのでよろしくお願いいたします。

ギャラリーにイラスト一点追加

久しぶりになりますが、イラストを一点追加しました。
いつも見ている風景も黄色やオレンジが目立つようになっており、人の影も長くなってるように感じられ秋だなぁと思います。今年はここ数年では、珍しく秋らしい秋かもしれないですねぇ。

20151018

ブレッドボーダーズのタイマーICを使ってみようの回をやってみた

[タイマーICを使ってみよう]
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1023/musashino015.htm
を、材料が揃ったので作ってみました。

やってみた感じでは、難易度も低めで私の様な初心者でも出来ました。ICにどうゆう流れで処理が行われているのかは、実はよく分かってません。(;´Д`)抵抗値を変化させることとコンデンサを使うことで、電気の波を起こしてるんだなという程度の理解です。

LEDに変えて、ブザーで電気の波を聴いてみましたが、なんというか、キーンという不快な音がしてエレキキテルな感じでした。何度も聞きたい音ではないですね( ´∀`)つ ミ

2015-06-29 18.26.242015-06-29 20.15.222015-06-29 22.12.06

忘れ物が届きます

忘れ物が届きます
大崎 梢

短編集です。読んだ限りでは表紙のイラストと内容は特に関係しないみたいですね。各話独立の短編で五話収録されています。ちょっと謎かけが入ったストーリーで、面白いのは最初の1話と最後の5話でした。最後の短編がおすすめかなー。おすすめ度は、アマゾンの書評とおんなじぐらいで、★★★が妥当だとおもいます。

五月用の扉絵に変更しました。

タイトルのとおり扉絵をかえてみました。マスコットも久しぶりに描いた気がします。(;・∀・)

Unity4入門

Unity4入門
浅野 祐一、荒川 巧也、森 信虎(著)

ひよこ本の愛称で呼ばれているやつを読んでみました。読むだけは読み終わっていたのですが、打ち込みがずるずるとのびて感想を書くに至らなかった本です。Unityはもう5になっちゃってるのですが、スクリプトもjavascriptですし、はじめて読むUnity本としてとっつきやすいと思います。アマゾンの書評どおりとっておきたいいい本でした。

2 / 1112345...10...最後 »