2019-11

いつもの日記

「木洩れ日に泳ぐ魚」を読んだ感想

恩田陸(著)  ストーリーは男女の別れ話なんですが、一応ミステリーのジャンルに入れていいのかな。もうすっかり荷造りを済ませて明日はお互い別々の道に進むという主人公の男女が、最後の夜をお互いの過去を独白してゆくというストーリー展開にな...
いつもの日記

「ドアを開けたら」を読んだ感想

大崎梢(著) ライト感覚のミステリーといった感じでしょうか。冴えない失業中の中年男性の主人公が、偶然知人男性の遺体を見つけてしまってというところから始まるミステリー。読みやすいと思います。大崎本の中ではなんとなく、前に感想を書いた埋...
いつもの日記

WPを更新したら使いづらくなった(´;ω;`)

 自動更新してからか、記事投稿用のツール系がなんか手の混んだものになりすぎて色々使いづらい。  
いつもの日記

誘拐遊戯 を読んだ感想

知念 実希人 (著)  ごく最近でた本です。本屋さんに平積みされていたので買って読みました。  話の展開はとても良く、どんどん読み進めていけますので早ければ一日で読めちゃいます。ただ結末は賛否両論かなぁと。結末は意...
タイトルとURLをコピーしました