What's New » この記事

改装完了しました。

ウィンドウサイズを変えると、レイアウトや画像のサイズがウィンドウ幅に対応して伸縮するようにしました。ギャラリーのLightBoxもレスポンシブルデザイン対応のプラグインに代えて対処しました。でも全ての機種をサポートできるのでは無いのでその辺は仕方ないところですねヽ(´ー`)ノ

ただ今研究中

サイトデザインの刷新を考えていましてイラスト作りが滞っている今日この頃であります。今このサイト「気流邂逅点」は、WordPressをベースにしたブログになっていて、この記事みたいなのは通常の記事の投稿のスタイルをとり、ギャラリーとかプロフィールは固定記事で表示してます。ブログとホームページのあいの子みたいな感じになってます。またプラグインを使ってスマートフォンに対応したレイアウトも自動表示させてそれなりに対応させてます。

でもねぇ、

タブレットとかスマホを横に傾けた場合などのレイアウトには対応しきれていません。この数年でタブレットとかが急激に普及したので最近流行の「レスポンシブWebデザイン」というやつにして、画面幅に応じて何パターンかのレイアウトに切り分けをしようかと画策しております(画像や文字の大きさをそれぞれの媒体にあった大きさに可変させるとか)。

参考書籍で紹介されてる参考サイトのコードをダウンロードしてソース読んでみたけど、こりゃあ大変そう(;´Д`)。ざっと読んだ限りでもそのままでは適用できないので、どう使おうかなぁ悩ましいところ(´ε`;)ウーン…


レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン集中講義
著者  山崎 大助

 アマゾンのレビューには読みやすいという評価の多い本です。スマホのレイアウトからくみ上げていくんだよという解説は分かりやすくてありがたかったです。第4章の内容と第5章の内容がつながってないので、チュートリアルを通して簡単なデザインサイトを一通り作ってみるということがそのままではできないのは少し残念なところです。また、WordPressでこの様なマルチデザインのサイトを作るにはどうすればいいのかというのは、6章でさらっと触れている程度なのでもう少しボリュームがあればなーと思いました。


スマートドール

電子工作用のパーツを買いに夏に秋葉原に行ってきたと以前書いた折、将来は~云々とか書きましたが、表題のスマートドールみたいなのがイメージとぴったりな感じです。

ミクミクダンスなどで、動きを記録できるのだから、ある程度(歩行は無理でも)の動きは、スマートドールで再現可能そうに思えます。秋葉原で次にはやるのはこういったものじゃないかなぁと期待したいところ。

スマートドールのサイト
http://www.dannychoo.com/ja/posts/tag/smartdoll/landscape

空飛ぶ馬

空飛ぶ馬
著者  北村 薫

北村薫のシリーズもの第一作。読んでみた感想は、いろいろなところのレビューで書かれているとおり面白かったです。上品というか綺麗というか…普通の小説として主人公の日常を読んでいく中に、ミステリーがするりと滑り込んでくるという感じでしょうか。こういうタッチのミステリーは読んだことないので新鮮だと思います。1994年に初版が発行されていますが、時間の経過にも色褪せることの無い良い作品だと思います。

What’s New

九月の扉絵を早めにアップしておきます。

イラストは、今月大宮にある鉄道博物館に行った時に撮影した写真をベースに作成しました。

レトロ列車いいですね♪ 汽車もいいですが、私はこの様な丸みを帯びた客車が大好きです。
戦前から戦後にかけて走っていたそうで、これの兄弟車両は20,30年前まで竜ヶ崎線で走っていたというから
現役で走っている時に乗れたらよかったなぁと思ったりしました。

映画「風立ちぬ」の感想

映画館で見てきました。一部の前評判では、いろいろ書かれていたみたいですが、自分がみた感じでは面白かったです(やはり自分の目で見て判断しないとね)

子供向けの作品ではないです。あと、昭和史に興味が無いと時間の流れをうまく把握できないでのかもしれない。大正12年の関東大震災から、昭和2年の昭和恐慌へとぽんと飛んで、いつの間にか小説風立ちぬの時代昭和11~13,4年をじっくり描き、最後は終戦にこれまた一気に飛ぶので、昭和史好きなら楽しめると思います。時代の流れに沿って大正から昭和の風俗を丁寧に描いているのも好感が持てました。

映画のラストシーンがやはり一番印象に残りました。ああなったら、誰でもボー然自失泣きたくもなるよね。

英雄の書(上・下)

英雄の書(上・下)
著者  宮部 みゆき

宮部みゆきのファンタジー小説その2。魔法少女ものですね。上巻はあんまり面白くありませんでした。下巻に入ってからの方が面白い。アマゾンのレビューにも書いてありましたが、小5の割には賢すぎないかい?と思えるところがありました。結末はいい。しかし、エピローグとしてくっついてる話は無かった方が、ほろ苦さが残っていい感じの読後感が残ったと思うのでそこはとても残念です。

また、あとがきで述べられている世界観の下地については、先に知っていると印象がだいぶ魔法少女ものの物語とは違ったものとなってくるので、やっぱり最後に読んであーそうなんだぁと理解した方がいいものなのかもしれません。うーにゃー (」・ω・)」

ドリームバスター(1~4巻)

ドリームバスター(1~4巻)
著者  宮部 みゆき

宮部みゆきのファンタジー小説。「蒲生邸事件」がタイムスリップものなのに対して、本作は、パラレルワールドものっぽい世界構成になっています。少年が主人公という点では、「ブレイブストーリー」と似ていますが、今作の主人公の方がやや年上ではあります。ブレイブストーリーより自分の主観では面白いと思いましたが、最終巻がいつでるかわからない本なのでお勧めすのはどうかなー? と、いった感じの本ですヾ(・д・` )

最終巻が出てから(ちなみに四巻がでたのは、2007年)一括で読んだ方がいいかもしれません。

スケリエル書(四回目)

また、失敗しました(´Д⊂ヽ

書も残り一個だし。うーん。

楽園

楽園
著者  宮部 みゆき

「模倣犯」で登場した前畑滋子を主人公とした物語。上下巻あって結構ホリュームがありました。上巻はテンポよく一気に読めました♪

色んな親子の関係を描いたところに主題があるので、駆け引きものとして期待してしまうと、ちょっと期待外れになるかもしれません。

良い作品の方にはいると思います。