小野不由美

いつもの日記

営繕かるかや怪異譚 小野不由美(著) の感想

日本人好みのどぶ板鳴らして、ひたひた怪異が迫ってくるといった怪異本です。現代のとある古い城下町で起こる、家に関する怪異を本来は営繕を生業とする主人公(しかも霊能者ではない)が、怪異に悩まされる住人に頼られて解決するというストーリー...
タイトルとURLをコピーしました