シールオンライン » この記事

くだんの鬼湧き

2週間にわたり続いた鬼湧きの最後のキャプチャーです。通しで7パーセントの成長率だったのが、2パーセントにまで減りました。ハードでした。

What’s New

9月のイラストになります。秋は夜長。夜の工場と光の明滅が好きなのでこんな感じの絵を描きました。女の子は優しそうな娘より気の強そうな娘の方が似合いそうだったのでこうなりました。

ドライアードをもらいました


レアペットの救済イベントの方に引っ掛かったので、ノーマル大カボチャをドライアードにしてもらいました。

ごっつあんでした
(・ω・)ノ

…残りの色付きの大カボチャ14匹はドナドナかな、やっぱり(´・ω・)

リングマスターのサウンドさがし

今を去ること四半世紀前にホビージャパンがだしたPC98用の「リングマスター」(カバーが竜騎兵氏で中のイラストが弘司氏でかっこよかったよ)という硬派なRPGゲームがお気に入りで、今更ながらサウンドだけでも聞きたいなといろいろ探してエミュレータとか試したんですが、結局起動できずじまいで半ばあきらめかけてましたが、サウンドだけ抽出して再生するアプリなんてものが存在するんですねぇ。

hoot… – Sound Hardware Emulator
http://dmpsoft.s17.xrea.com/hoot/index.html#program

解説に書いてありますが、ダウンロードしたら適当なフォルダに圧縮を解きます。デスクトップとかでもいいです。できたらPC98とかの場合は、実行ファイル本体と同じ階層にPC98フォルダを新規作成して配置し、そこに下に紹介するサイトからサウンドデータだけ引っこ抜いた聴きたいゲームのzipファイルをダウンロードしてきます。で、PC98の場合は、PC98フォルダにそのまま放り込むだけであとは実行ファイルをクリックすれば再生準備OKになるという優れもの。気付いたこととして、再生リストに登録されないのがたまにあるけど、xmlのリストに登録されているzipファイル名と一致しないファイル名だと認識してくれないので、そうゆうのがあったらxmlの各メーカーの登録リストとzipファイル名とを比較して違っていたらリストの方の名前に打ちかえましょう。これで認識はしてくれるはず。それでも再生しないのがありますが、それは仕方ないでしょう。

データ公開してるとこ
http://snesmusic.org/hoot/v2/?system=PC-98&order=date&page=15

ゲームサウンドプレイヤーの紹介はそのぐらいにして、ゲーム自体の話にもどると、リングマスターのゲームシステムは(バグだらけだったとしても)、なかなか面白いシステムだと思います。ゲーム自体は3Dマッピングをしながらのオーソドックスなプレイスタイルでしたが、細かいところにこだわりがあって、しゃべる剣(アイスブランチをよく選んでた)や戦闘中にファンブル起こして武器が壊れるとか、疲労による戦闘能力低下とか懐かしい。リングを使っての攻撃はなんかほとんど成功しなかったとか(必殺武器なのに)、世界観をとっても大切にしていたところがお気に入りです。Ⅲは永遠にでないのでしょうねヽ(´ー`)ノ永遠の未完なところも好きですよ。

パラダイスバード

[パラダイスバード]
作者 佐藤 明機

佐藤先生の最新コミックス。楽しく読ませていただきました。百鬼夜行・妖怪変化・独特な世界観が特徴で楽しい気分にさせてもらえます。まだ一度も読んだことの無い人は、読んでみましょうね。

レアペット進化(おまけ)

16匹カボチャを作ってたんですが、期限に間に合わなかったのが2匹いましてどうしようかな、捨てちゃおうかなとか思ってたんですが、もったいないので育ててみました。で、最後の最後にダークパンプキンできましたヽ(´ー`)ノ

今までさっぱりできなかったのにぃヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

しかし、進化は次回の進化イベントの時にするので、これも暫く倉庫入りだね。

レアペット進化(後半戦)

種をいっぱい育てようとしましたが、タイムリミットが近づいているみたいなのでできたぶんだけ進化させました。

Result–>大カボチャ×7
( ´∀`)つ ミ

やっぱりね。
で、琥珀が一個だけできてたのでこれに期待しましたが、

。・゚・(ノД`)・゚・。
蚊になっちゃった。

血も足りなくもなるがな、期待してたのにぃ。

What’s New

八月の扉絵に変更しました。原版よりトリミング版の方が見栄えがいいみたいなので、トリムした方をトップにしました。おっきいのはギャラリーにいれました。

[FC2] WordPressドメイン移行したら

Yahooジオプラスからドメインを持ってくる手続きが分からな過ぎだった件で、契約解除後ドメインが解放されるのを待って、今回FC2から再取得しました。が、色々な問題が発生しました。ちょっと気楽に考えすぎていたようで(;´Д`)

解決に至るまで
1.FC2ドメインで独自ドメイン契約を結んでから、cocoaアカウントのブログにアクセスできなくなった。urlの変更が反映されるまで数日かかるからと思い、2,3日放置していたがcocoaアカウント、haganenomoriアカウントともにいっこうにつながらないので、初めてFC2の管理パネルのヘルプをみる。結果、FC2の管理パネルの方のドメイン設定の欄を独自ドメインにしてかつ有効にするのを忘れていたorz (自動設定じゃないんだね)

2.urlがhaganenomoriアカウントのみになったけど、まだWordPressのブログにアクセスできない。ここでまたWordPressのトップにindex.htmlからリダイレクトさせているのを思い出す。cocoaアカウントになってるのをhaganenomoriアカウントへのリダイレクトに修正。これでアクセスできるかなと思ってブラウザでみるけど、ieではまたもやはねられてFC2のトップへ飛ばされてしまう。FireFoxでも確認。きつねさんだと、スタイルシートが反映されていないけど、ここでやっとhaganenomriアカウントでのアクセスが確認できた。ieのはキャッシュかセッションのゴミによる不調だと思うのでとりあえず放置。きつねさんの方からブログのソースコードを開いてみる。cssの取り込み先が全部cocoaアカウントのままであることに気付く(そりゃスタイルシートが適用されないのも当然だよね)。

3.ここまで進んで、やっとWordPressが、自分のパスの管理をURLで管理してることによる影響を認識した。WordPressのconfigファイルにあたるものを探してみるが、cssの基点パスを設定してる変数$stylesheet の定義箇所が分からない(どこー?) と、色々困ってブログの管理画面に入ろうとするが入れない。(※ haganenomoriアカウントは有効になってるので、haganenomori.net/wordpress/log-in.php にはアクセスできるけど、ここから先がcocoaアカウントでアクセスする設定のままなので進めない) 色々あたふたして、カッコの様な状態になっていることが推測されたので、ここでやっとWordPressの基本設定を管理してるMySQLのDBいじりにいかないといけないことに気付く(´;ω;`)ブワッ

4.phpMyAdminから、以下のホームページで紹介されているように、cocoaアカウントで設定されているものを全て、haganenomoriアカウントに変更。参考[ http://picomint.net/2010/06/08/wp-2/ ] DBのバックアップも今更ながらとってみたけど、今更ですよね。

5.DBの再起動なんて、レンタルサーバーでは考えられないので、まんまブラウザ閉じて再アクセスで更新できるかなとすごく心配しながら再アクセスしました。ドキドキ(;><)結果はうまく更新してくれました。haganenomoriからブログ管理画面に入れました。しかし、WordPressのブログはかなりぼろぼろになってます。まず、ヘッダーのトップ画像が落ちてる。あと、投稿記事の画像がみんな落ちてる。最後にプラグインがいくつか切れてる。トップ画像は、管理画面から更新できましたが、残りは、全てcocoaアカのurlへのリンクをダイレクトに指定していたので、全て手修正しなければなりませんでした。これは仕方が無い。毎日の記事につける画像はurlで指定して拾う方がラクチンだったので、こうなりました。ちなみにこうなることを恐れて、ワンクッションつけてオブジェクトとして管理していたギャラリーの画像は全部無事でした。めんどくさがってワンクッションいれなかったものが全滅という(記事が少なくてよかった)。これらを全て修正してやっと回復しました。

今回の収穫

ドメイン変更は慎重にヾ(・д・` )

jQuery Mobile スマートフォンサイト デザイン入門

[jQuery Mobile スマートフォンサイト デザイン入門]
作者 西畑一馬

おすすめのスマホコンテンツ制作本。

前回、jQueryMobileを使った方が本命ですよと書いてあったので、jQueryMobileで作る本作も買いました(出版社は同じでも作者は違うんですね)。読んだ感想。うん、こっちの方がいいです。チュートリアル形式になってますので、Dreamweaver5.5以降をもっていれば、なおいいと思います。前回紹介した本の他の人の評価にもありましたが、この本も、ちょこちょこと誤植や、本文のテキストと収録されたデータに食い違いが見られますので、比較チェックしないといけません。また、適用するjQueryMobileのバージョンも同じにしないと、本の様な見た目にはならなかったです。この本の最後のチュートリアルの様なコンテンツを作るには、やっぱり本文内で紹介されている様に、SafariのWebインスペクタを開いて、動的に変化するcssを見ながら、cssファイルを自分用に定義していかないといけないということが分かったのが収穫でした。いい本だと思います。