What's New » この記事

黒龍イベント

やっと…10等茶器みたいなのでた(;・∀・)
でも欲しい爪は無理だよね( ´Д`)=3

スケリエル書(三回目)

なけなしの資金と資材を投じて三回目のトライをしましたが、また失敗(´・ω・`)ガッカリ…
今度はCT杖ができました。Hit、SP、CTと揃ったので今度こそ成功して欲しいなぁ。青い気運の石125個とか集めるのも購入するのもきつすぎ

黒龍箱イベントで瘤とり爺さんの話みたいな展開に

欲の無いメロンさんには、二回目なのに自然石が「あら、素敵」ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

それを横で見ていた欲深いぱぱいやさんには、しょげる袋が…五回以上開けてるのに「なんでじゃー」(´Д⊂ヽ

物欲センサーの効果てきめんですな。m9(・∀・)ビシッ!!

こっちの本の方がよりいいかも

ロベールのC++入門講座
作者 ロベール

前回の本よりこっちの方がいいと思ったのでこっちを今回はとりあげてみます。

ウェブサイト版の方を読んでいるので、書籍版は書店で目次を追ってぱらぱら読んだ程度なので本の方はなんともいえないのですが、ウェブの方を読んでみて分かりやすく説明してくれているので、書籍もお勧めだと思います。

ウェブ版での第三部あたりのちょっと細かいところまで丁寧に教えてくれるのがうれしいところです。あと(自分にとってはですが)、ちょっとつまづいたりする程度に難しいところがあるのでそこは自然と自分で調べる様に仕向けているところもいい感じです。訳本より日本人が理解しやすいように書かれてるように感じられます。

本の方は電話帳みたいにすごい分厚いので、読むのも大変ですがとにかくずっと手に持って読むということができないのはマイナス。電子書籍版を考えた方がいいと思うのでした(;・∀・)

ゲームプログラマのためのC++

ゲームプログラマのためのC++
作者 マイケル・ディックハイザー

訳本って苦手なんですが、図書館にあったのでゴールデンウィーク期間中に読んでました。タイプとしては全体を網羅する感じの本で、この本を全部読むのに一週間以上かかりました(結構根気がいりました)。アサート文・インクルードガード・例外処理など興味がある項目を拾って小さな実験プログラムを自分で作ってみました。C++の初級本では(例外処理は別として)この辺の説明に触れてこないので、よかったです。手元に置いておきたい本かと思います(全部読み返すのは大変ですが、興味がある章だけその時々読み返せばいいと思う)。

ぱぱいやの変なモーション

バトルペットの進化をさせてみました。博士の前に突っ立ってると変なモーションをキャラクターが時々勝手にやります(バトルペットがそばにいると普通にやるモーションらしい 訂正2013.06.24)

杖から降りて、怒ってる変なモーション

笑ってみたり、忙しいヾ(o゚ω゚o)ノ゙

バグ?

アルディーノのLCDシールドを組み立ててみた

今後センサーなどの実験をした際に測定値をアルディーノ側でも表示できたらいいなぁと思って、LCDシールドキットを購入してみました(初心者なので無理しない)。半田づけなんて小学校か中学校以来ですよ…なんというか…ジュ~( ;∀;)とかプリント基板少しこがしちゃったりハンダがうまくのってくれなかったりいろいろ難しいです。


動きましたヾ(o゚ω゚o)ノ゙基板少し焦げたけど。

スケリエルの製作書

書が捨て値で売っていたので、日を置いて二回制作してみました。


一回目—>Hit型ができた。悪くないけど、これだったら補助ぐらいにしかならない。

二回目—>SP型できた。最悪これ精錬してお茶を濁すことになるかも。うーん。資材もセゲルもかなり消費するので、きびしい(;´Д`)

WordPressのバックアップと復元についての覚書き

WordPressは便利なんで重宝していますが、PHPとMySQLを使ってデータ管理しているのでなんかの拍子にバランスが崩れると激しく壊れるおそれがあってデータのバックアップと復元の演習を行う必要性をずーっと感じていました(めったな事では壊れたりしないので、やらなかったんですが)。が、今回手元に何も入っていないXP機が一機あるのでこれにこのFC2のブログの複製サイトを構築して、データを移植する復元の演習作業を行ってみました。実際やってみて分かった事もあるので、備忘録として書いてますが参考になればと思います。

(さらに…)

ノートン先生とマルウェア

最近マルウェアに感染したマシンを診ました(※キャプチャーを原寸で見るには、画像を二回ぐらいクリックしてブラウザに直接jpgがロードされる状態にする)

以前にもみたタイプのマルウェアだったので、駆逐ツール(ココで配布してる)を使って除去を試みましたが、今回はスルーしてしまいました。またこれも使いましたが、今回はCookieしかひっかけてくれませんでした(メールについてきたウィルスを駆逐する時には役だったんですが…) しょうがないので、タスクマネージャからおかしな動きをしているプロセスを見つけて、バッチファイルが保存されているフォルダと、起動トリガーとなっているレジストリの登録箇所をつぶして手作業でマルウェアを取り除きました。このマルウェアの駆動のカラクリに関しては、トレンドマイクロの分析官さんのブログに詳しく載っているのでそちらを読んでいただければいいと思いますが(参考 「HTAを利用したワンクリックウエアの新たな手口」)、ボタンを押してあやしい「HTA」形式ファイルがダウンロードされた時、このマシンに入ってたノートン先生(期限切れではない)は何してたんだろうかと思いました。トレンドマイクロの該当記事は四年前に投稿されてるので四年経っても未対応なんでしょうかねぇ( ̄д ̄) マカフィーもちゃんと引っかけてくれるのかいまいち信用が無いのでウィルスバスターいれとけばいいんですかね(危ないサイトにはウィルスバスターがブロックしててそもそも行かせてもらえないし)

P.S Vistaのセキュリティに閉口しました。マルウェアがもぐりこんでいる階層に行けないこと。行けないこと。邪魔でしょうがないヽ(`Д´)ノプンプン