What's New » この記事

Nのために

Nのために
著者 湊 かなえ

表題のNが何を意味しているかを説明してしまうと、展開が読めてしまうのでそれについては触れません(なんか二章目で分かっちゃいましたが)。期待して読みましたが…残念ながらしょぼいです。ぱっとしないというのが感想という本で、読後の不完全燃焼感はどうしようもありませんでした。この作品はおすすめできません。

私の家では何も起こらない

私の家では何も起こらない
著者 恩田 陸

「幽霊屋敷という噂がたえない家に関わる人々を各章の語り部としたホラー物語」一言で解説するとこんな感じでしょうか。読んだ感想を率直に言うと、期待外れ。…正直に言ってしまった(`・ω・´) 恩田陸の本が好きな人(m´・ω・`)m ゴメン…これよりは前回紹介した本の方がよほど面白いです。…なんというか、これを読んだ時漫画の「棺担ぎのクロ」をビジュアルイメージしました。ホラーなんだけど怖くないんだな。クロの世界みたいなゴシックホラーファンタジーになってて。ホラーだと期待して読んでいたのでその分空振り感が読後に残るのが歯切れの悪いところ。出だしが良くて途中までぐいぐい引っ張っていってくれるが、結末がアレー?となる点では、典型的な恩田作品かもしれません。

夢違

夢違
著者 恩田 陸

著者の本は、出だしからの展開がいつもながら上手なので中盤までは本作も一気に読めてしまいます。最後のとこで、あれー?という結果になるケースが今まで読んだかぎり多かったですが、今作はあまり深いところは考えずに、一気に最後まで読み通せば楽しい本ではないかと思います。系統的には「六番目の小夜子」のようなミステリーっぽい展開の作品になるんでしょうかねぇ?

夜行観覧車

夜行観覧車
作者 湊 かなえ

原作の方読みました。いつもの悪意に満ち満ちたというストーリー展開ではないので、普通っぽい印象ではあります。ハッピーエンドが好きな人ならいいですが、後味の悪いバッドエンドを期待してるならあんまり勧め難いかもしれません。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~

[ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~]
作者 三上 延

人気のライトノベル第三作。

軽く読み流してもいけるところが暑い夏にはいいかも。これからビブリア古書堂を読もうという人には、シリーズをとおしてのストーリーがあるので、前作、前々作を読んでから本作を読んだ方がいいのでは?と思います。また、本作の感想を一言でいうと「古書のトリビアをありがとうございました」でした。どこがいいのかといいところを考えてみたのですが、推理もの的な面もあるけど、読ませるための仕掛けみたいなものなのでメインではなく、恋愛ものも匂わせているような感じですが、前作の時の感想でもいいましたが、キャラクターがあっさりしすぎてるので、これまた(´ε`;)ウーン…? つかみどころがありません。結局、よくわからないけどなんとなく三作も読めちゃったのがいいところ?なんですかねぇヽ(´ー`)ノよくわかんねぇなぁこの本は。

贖罪

[贖罪]
作者 湊 かなえ

「告白」・「少女」に続いてまた読んでみました。今回の作品は四つのサイドストーリーが最後のストーリーに合流するという書き方は前作に似てますが、今回は悪意というか不運の連続のような展開です。ストレートな感想を先に言うと、前の二作よりに比べると偶然に頼ってる分だけ、いまいち物足りない様な気がしました( `・ω・´)

あと、出てくる男性のほとんどがよってたかってみんな馬鹿なのはどうしてだろうと思いました(;´Д`) そういうところがあるので本作は、いい本か?と言われると???という感じの本です。

少女

[少女]
作者 湊 かなえ

「告白」が面白かったので、読んでみました。アクが強いので好みが分かれると思いますが、私はこのダークな展開が大好きです。悪意がぎっしりつまってておなかいっぱいになりました( ´З`)=3 ゲップ。話がどんどん悪い方向へ悪い方向へと進んでいってしまうどうにもならなさがいいし、また表現もうまい。結末も期待を裏切らないものでしたので、是非お勧めしたい一冊です。金払って買う価値あり。