What's New » この記事

青の炎

青の炎
貴志 祐介 (著)

 

貴志祐介作品ですね。男子高校生が主人公のミステリーものです。悪の教典とはまた違うのですが、なんというかその場を取り繕うための小細工が後でことごとく裏目に出て、最後は破滅してしまうというストーリーです。貴志作品にはこのパターン結構多いかも。

 

結末も後味の悪いものになっています。悪の教典のような悪い奴が悪いことをやりまくった挙句のある種の爽快な破滅というのとはありません。むしろ悲しい結末になっています。好みが分かれるでしょう。

 

評価(3) ★★★☆☆

悪の教典

悪の教典
貴志 祐介 (著)

 

猟奇犯罪もののミステリー。

 

貴志祐介作品三連ですが、これが一番 アニメ「新世界より」に近いものを感じます。上下巻ある長編作品です。もっともさくっと読めましたが。
サイコパスという言葉を使ってよかったのかわからなかったので、猟奇犯罪とか書きましたが、青砥・榎本ペアの探偵ものとはだいぶ異質な本ですね。犯人側の視点で前半は書かれていますから。後半からは、「新世界より」の主人公みたいに、心の強い女の子と、非常の時には底力を発揮する男の子のペアが犯人に追い込まれつつもたくみに反撃していく感じになっています。勢いで読んでいくと楽しいです。立ち止まって色々考え出すと、面白さが半減してしまうかもしれません。3つ読んだ中では、今のところ一番おもしろかったです。ドラマ化はされているみたいだけど、アニメにはむかないよなー(-_-;)

 

評価(4) ★★★★☆

鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋
貴志 祐介 (著)

 

密室もののミステリー。

 

昨日につづいて貴志作品を。こちらが後の作品ですね。シリーズものの密室ミステリーです。青砥・榎本コンビですが、ワトソンとホームズ的役割になっています。なので、青砥弁護士はちょっとかわいそうな役回りに思えました。こちらも短編集なので、軽く読めます。
 

評価(3) ★★★☆☆

狐火の家

狐火の家
貴志 祐介 (著)

 

密室もののミステリー。

 

アニメ「新世界より」をみて感化されて、関連書籍を手に取ったというのが動機です。シリーズものですが、先に「鍵のかかった部屋」の方を読んでしまい、後から本作を読みました。一応短編集なのでどれから読んでもいいとは思いますが、できれば書かれた順に読んどいたほうがいいかもしれません。本作ですが、全編密室ものです。なぜここまで密室という感じもしましたが、物語として純粋に楽しめばと割り切って読めば面白い本です。お手軽に読める本ですね。

 

評価(3) ★★★☆☆