いつもの日記 » この記事

皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上、下)

皇帝フリードリッヒ二世の生涯
塩野 七生(著)

図書館に置いてあったので読みました。今度は神聖ローマ帝国の皇帝側の立場で、中世が描かれています。本作を読む前に、ローマ亡き後の地中海世界や十字軍物語、レパントの海戦などの三部作を読んでおくと、一層面白いと思います。これらの時代を経て、初期作品のルネサンスの女たちやボルジア家の野望、ベネチア共和国シリーズへと進んでいっても楽しいでしょう。しかし、ローマ帝国シリーズも含めると、都合2000~2500年間のイタリアの歴史を読んだことになるのですね。実に長い物語だなぁ。

忘れ物が届きます

忘れ物が届きます
大崎 梢

短編集です。読んだ限りでは表紙のイラストと内容は特に関係しないみたいですね。各話独立の短編で五話収録されています。ちょっと謎かけが入ったストーリーで、面白いのは最初の1話と最後の5話でした。最後の短編がおすすめかなー。おすすめ度は、アマゾンの書評とおんなじぐらいで、★★★が妥当だとおもいます。

Androidの絵本 スマートフォンアプリ開発を始める9つの扉

Androidの絵本 スマートフォンアプリ開発を始める9つの扉
株式会社アンク (著)

絵本シリーズはいい本が多いのですが、これはなんとなく読みづらい本でした。ビデオの再生とかバックグラウンドで動くサービスとか初心者がやるのか疑問なものに紙面を割くより、簡単でいいのでプログラムの処理の流れの説明が欲しかったです。またサンプルコードでimportするファイルの部分の記述があちこち省略されています。更に、P.162以降のSDカードを扱う箇所も、何の補足説明もないので(P.9の仮想デバイスの設定のところでSDカードにメモリをある程度振ってあげないといけない)あのままコードを打ち込んでみても動きません。初心者には不都合です。結論から言ってあんまり勧められない本です。

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ
創元推理文庫 大崎 梢 (著)

シリーズもの三作目で今回は短編集になっています。今回は読みやすくいい本だったと思いました。多絵という主人公のひとりのキャラクターの輪郭がいきいきしててイメージがよく伝わってきます。おすすめしたい本です。

マンガでわかる電気

マンガでわかる電気
著者  藤瀧 和弘

オーム社の学習漫画です。アマゾンのレビューでの評価もいいみたいなのでピボットテーブルの本を買った時についで買いした本です。

電気関係はさっぱりな初心者なので、初心者の視点で感じた点を書いてみます。

ボルタ電池の説明漫画などは、とても良いと思います。親切で分かりやすい。

一方、フレミングの法則を使ってのモーター及び発電機の解説部分などは、テキストの補助解説部分を読み込んで補足しないとちょっと分かりにくい様な感じがしました。

とはいえ、一日あれば読めちゃう本なので買って損は無いと本だと思います。あと個人的に絵柄が好きなのでお勧めしたいと思います(*´ω`*)

はじめてのExcelピボットテーブル

はじめてのExcelピボットテーブル
著者  城井田 勝仁

「仕事の役に立ちそうな本というのは、地味なのが多い」今回紹介するのは、そんな本の典型みたいな入門書です。

オライリーのExcelHackか何かを流し読みしてたときに、ピボットテーブルって便利ですよ~と書いてあり、そんな機能あったっけ?という思いで手に取ってみたのが本書です。ピボットテーブルってすでにみなさん使いこなしてますでしょうか?

読んでチュートリアル練習してみた感じでは、データベースのビュー表みたいなものという印象を受けました。Excel2013でしか対応していないみたいですけど、リレーション使ってますしぃ。

本書に関しての評価ですが、読みやすさ・理解のし易さは「普通レベル」ではないかと思います。可も無く不可も無くとにかく地味。う~んコメントしづらい(;´∀`) できるシリーズにも類似書があったと思うので実際手に取って本屋でぱらぱらめくって比べてみるしかないと思います。本書はサンプルコードがダウンロードできて1780円なので、ハズレだとしても精神的ダメージは低いと思いますヨ。

Excelマクロならば、どーんとその導入効果が期待できるので、ちょっと頑張ってみようかなという気も起るのですが、このピボットテーブルはどの程度仕事の効率化に反映できるのか不明な点があるのと、あと地味に退屈なので、欠伸をこらえて一章読んでは休み、また読んでは休みながら投資分は取り返すという気持ちだけでわたしは読み切りました。

いつか仕事に役立って欲しいものです(*´д`*)

六の宮の姫君

六の宮の姫君
著者  北村 薫

四作目の「六の宮の姫君」は、それまでの三作とはまた毛色の違う作品でした。いつものごとく読みやすいので最後まで読んじゃいましたが、今作は読み手の力量を問われるというか…今までいろんな文学作品を読みこなしてきた人程楽しめる作品なのではないでしょうか?

表題を巡っての「私」の推理を追体験する過程を楽しむ本と、まとめられるではないでしょうか。いい本でした( ・∀・)ノ

秋の花

秋の花
著者  北村 薫

小説としても読んでも面白く読めそうなミステリーという北村薫のシリーズもの第三作。二作目の「夜の蝉」を読んだ後続けて三作目である本作を読んでみました。情景をイメージしやすい文章で読んでて惹かれます。二作目、三作目ともいい本だと思います。四作目の「六の宮の姫君」も期待したいところです。

空飛ぶ馬

空飛ぶ馬
著者  北村 薫

北村薫のシリーズもの第一作。読んでみた感想は、いろいろなところのレビューで書かれているとおり面白かったです。上品というか綺麗というか…普通の小説として主人公の日常を読んでいく中に、ミステリーがするりと滑り込んでくるという感じでしょうか。こういうタッチのミステリーは読んだことないので新鮮だと思います。1994年に初版が発行されていますが、時間の経過にも色褪せることの無い良い作品だと思います。

英雄の書(上・下)

英雄の書(上・下)
著者  宮部 みゆき

宮部みゆきのファンタジー小説その2。魔法少女ものですね。上巻はあんまり面白くありませんでした。下巻に入ってからの方が面白い。アマゾンのレビューにも書いてありましたが、小5の割には賢すぎないかい?と思えるところがありました。結末はいい。しかし、エピローグとしてくっついてる話は無かった方が、ほろ苦さが残っていい感じの読後感が残ったと思うのでそこはとても残念です。

また、あとがきで述べられている世界観の下地については、先に知っていると印象がだいぶ魔法少女ものの物語とは違ったものとなってくるので、やっぱり最後に読んであーそうなんだぁと理解した方がいいものなのかもしれません。うーにゃー (」・ω・)」

1 / 3123