いつもの日記 » この記事

鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋
貴志 祐介 (著)

 

密室もののミステリー。

 

昨日につづいて貴志作品を。こちらが後の作品ですね。シリーズものの密室ミステリーです。青砥・榎本コンビですが、ワトソンとホームズ的役割になっています。なので、青砥弁護士はちょっとかわいそうな役回りに思えました。こちらも短編集なので、軽く読めます。
 

評価(3) ★★★☆☆

狐火の家

狐火の家
貴志 祐介 (著)

 

密室もののミステリー。

 

アニメ「新世界より」をみて感化されて、関連書籍を手に取ったというのが動機です。シリーズものですが、先に「鍵のかかった部屋」の方を読んでしまい、後から本作を読みました。一応短編集なのでどれから読んでもいいとは思いますが、できれば書かれた順に読んどいたほうがいいかもしれません。本作ですが、全編密室ものです。なぜここまで密室という感じもしましたが、物語として純粋に楽しめばと割り切って読めば面白い本です。お手軽に読める本ですね。

 

評価(3) ★★★☆☆