いつもの日記 » この記事

12歳からはじめる ゼロからの Pythonゲームプログラミング教室

 

12歳からはじめる ゼロからの Pythonゲームプログラミング教室
大槻有一郎 (著), リブロワークスPython部 (著), 雪印 (イラスト)

 

ちょっと更新の間が空いてしまいました。その間にこの本を読んでいました。著者さんは、前回のUnity本と同じ方なのですね。

 

良本です。

 

チュートリアルに従って勉強するうちにそれなりのものが完成するのが素晴らしい。もちろんPythonがこの本一冊でまるわかりというわけにはいかないのでしょうが、挫折感を味合わずにもうちょっと頑張ってみようかという気を起こさせてくれるのでいい本だと思います。12歳の時なんかとても遠い昔に過ぎ去っているんですが、年齢に関係なく読んでみたらいいと思います。

 

★★★★☆ 4点(4.5点ぐらい?)

 

今回のは、キャラクターも本の内容と連動しているしこちらもバランスが良いのでは?

UnityではじめるC# 基礎編

 

UnityではじめるC# 基礎編
大槻 有一郎 (著), いたのくまんぼう (監修)

 

初めてUnityをやる人向けの本。ひよこ本かこの本かどっちかから開始すれば、よろしいのではないでしょうか。

 

ひよこ本とどっちにしようか迷いますが、スマホアプリを作ってみたくて、3Dは置いといて2Dでまず作ってみたいということならば、こっちの本のほうがいいと思います。3D周りのことはほぼ出てこないので、Unityの基本的な操作方法とコンテンツの組み方の流れを把握することに集中できるのではないでしょうか。Unityの初級本であってC#の初級本では無いのでC#については、別途他の本で記法の理解が必要かもしれません。

 

★★★★☆ 4点(4.3点ぐらい?)
イラストが表紙にでてる3カットしか無くて、全章それの使い回しだけというのは、さみしい。ナビゲートキャラクターをもっと活躍させて欲しいm9(゚д゚)っ