いつもの日記 » この記事

マンガでわかる電気

マンガでわかる電気
著者  藤瀧 和弘

オーム社の学習漫画です。アマゾンのレビューでの評価もいいみたいなのでピボットテーブルの本を買った時についで買いした本です。

電気関係はさっぱりな初心者なので、初心者の視点で感じた点を書いてみます。

ボルタ電池の説明漫画などは、とても良いと思います。親切で分かりやすい。

一方、フレミングの法則を使ってのモーター及び発電機の解説部分などは、テキストの補助解説部分を読み込んで補足しないとちょっと分かりにくい様な感じがしました。

とはいえ、一日あれば読めちゃう本なので買って損は無いと本だと思います。あと個人的に絵柄が好きなのでお勧めしたいと思います(*´ω`*)

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=975