What's New » この記事

WindowsSDK 備忘録 その十二

前回までで構文解析をさらっと通過したので、画面にビットマップ画像を表示するところを追加しています。

教本のCmdMascotSub();以降の部分になります。画像管理クラスを作成し、マップコンテナを作って複数HBITMAPを管理しています。

画像管理に関わるところは…
————————————————————————————-
CImageWindow::CImageWindowのコンストラクタ内で、
// 画像ファイルの読み込み
Images=new CImages();
Image=Images->GetOrNew(image_name);
の部分から、
CImage* CImages::GetOrNew(string file_path)へと渡り、
// 既存のオブジェクトがなければ新規に作成する
CImage* image=new CImage(file_path);
Images.insert(TFileImageMap::value_type(file_path, image));

によって、ここのコンテナに、”pmm1_ask”と、”新規に作成されたHBITMAP情報を持つCImage(単体)オブジェクトへのポインタ”を格納する。このコンテナImagesも静的に配置された(1個しか出現しないのでstaticではない。CImage[単体]のコンテナBmpsはマスコットが複数宣言されれば、その分存在する可能性があるので、コンテナも共用できるようstatic)
—————————————————————————————-
1つの画像に関して上の関係を整理すると、
Imagesコンテナ > Imageクラスのオブジェクトへのポインタ > HBITMAP > bmpファイル
という、関係になっていると解釈されます(左二つと右二つはそれぞれ別のマップコンテナで管理されてますが)

スクリプトindex.mctには、二つのマスコットを宣言してますので、画面には二つの窓が開くようになります。

以上、最小構成のつもりでマスコット宣言の処理の流れを追って教本の内容を整理しただけなのですがそれでも結構な量になっちゃいました。やっぱり大まかにWindowsとクラスの関係を把握するというのが目的なのなら、字句解析以降は省略して、一個の画像を表示するぐらいでコンパクトにまとめた方がおさまりが良かったみたいです。

P.S メモリリークをチェックするように途中からしましたが、これによってちょこちょこ今まで小さなリークの警告がでていたんで教本にはない後処理を追加しています。ただそれでもメモリリークが最後に一個残りました(;´Д`)
一つ目に読み込んだビットマップ画像に関係してると思われるのですが、それがどこかのタイミングでメモリ域に残るみたいです。二つ目のビットマップ画像に関しては残らないのでどうもよくわかりません。マップコンテナに複数画像のHBITMAPを持っているので、終了時にコンテナの中身をチェックしてHBITMAPが存在するなら、DeleteObjectするようにテストしてみましたが、はずれでした。このリークの警告に関しては、解決方法が残念ながらわからないです。残念(`・ω・´)

ソースコード[v11.lzh]

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=707