いつもの日記 » この記事

仮面病棟

 

仮面病棟
知念 実希人 (著)

 

死神シリーズの他のシリーズも読んでみたかったので、今回はこの本を読んでみました。

 

病院での当直バイトをしていた主人公の外科医が、突然乱入してきたピエロの格好をした強盗に自身が負傷させた若い女の治療を強要されて…といったところからストーリーが始まるサスペンス寄りのミステリー。

 

脱出ものです。ストーリー展開が早いので一気に読めるでしょう。読み終わるのに半日かからなかったです。読者は急展開するストーリーに添って犯人は誰か?動機は一体なんなのかを考えたり、迷ったりする主人公の気持ちを一緒に味わうことが出来るでしょう。

 

次に紹介する作品の前に起こった事件という扱いなので、この本の方を先に読んでおいたほうがいいでしょう。

 

★★★★☆ 4点

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=2199