What's New » この記事

よっつ屋根の下

 

よっつ屋根の下
大崎 梢 (著)

 

好きな作家さんの本なので、甘口評価になるのでしょうが書きますね。

 

家族愛についてのお話になります。四人家族の各人が各章の主人公になって、最初の章の主人公の長男が最終章をまとめるという形式になっています。各章の間に時間経過がある(次の章の開始が前の章の何年後とか…)ので、短編としての性格も感じられちょっとこのスタイルの本に似たものがすぐには思いつきません。

 

本の感想ですが、

 

よくあるパターンの結末ではありませんでした。

 

評価は別れるのかもしれません。型にはまっていても(万人受けするような)ハッピーエンドがよかったわぁという人もいれば、私みたいにこっちの方が現実的でいいんじゃないのと思う人もいるわけで…。結末から見れば本作は現実寄りな作品なのかと思います(時間経過という設定も外せないしね)。しかし、お母さんの選択がもう一つ別の選択であった場合は、よくあるパターンの結末になったのかもしれません。皆さんはどっちの結末を好むのでしょうか。

 

ここのところ大崎本は、みな手堅くまとまっていて豊作続き。次回作も引き続き読みたいです。

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=1975