いつもの日記 » この記事

幻想郵便局

 

幻想郵便局
堀川 アサコ (著)

 

初めて読む作家さんの本です。ノリのいいファンタジーなので、サクサク読めました。大体4時間ぐらい?

 

あの世とこの世の境にある郵便局を舞台にアルバイトとして働くことになった主人公の女の子が、一癖も二癖もあるあの世とこの世の住人達と接しながら日々を送っていく姿がコミカルに描かれてます。しかしそんな日々もある出来事をきっかけに…的なストーリーになっています。

 

この作品に出てくるキャラクターの一部は、次の作品にも引き継がれるんですね。怨霊の真理子さんなど個性的なキャラが、うまく性格描写されていると思いました。

 

★★★★☆ (3.5~4点)

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=1855