いつもの日記 » この記事

闘う君の唄を

闘う君の唄を
中山七里 (著)

 

この作者さんの本は初めてになります。パラパラと読んでみた感じでは、ミステリーなのか普通の小説なのか分かりませんが、ジャンル分けするならミステリーに入ります。

 

読んだ感想なのですが、終盤に謎解き的展開はありますがどうかなーと思いました。心温まる展開の普通の小説でむしろ最後まで押し通したほうが良かったような気がするぐらいなので、もやもや感が残りました。物語の終盤に入ってから謎解きが急展開するという変わったスタイルの本なので(えっ、ミステリーだったのこれ!?とか思った)、読者の好みがはっきり分かれるのではないでしょうか?

 

評価(2~3) ★★☆☆☆ または、★★★☆☆ ヽ(´Д`)ノとても評価し辛い

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=1703