いつもの日記 » この記事

幻視時代

幻視時代
西澤 保彦 (著)

図書館においてあった小説。この前読んだ本があれだったのですが、一冊目だからたまたま合わなかったのかと思いもう一冊借りて読んでみました。

過去の事件に端を発して現在へとつなぐストーリー展開になってます。あらすじ書いちゃうとなんですので書きませんが、面白く読めました。良本。

コメントを残す

トラックバックURL:
http://haganenomori.net/wp/wp-trackback.php?p=1485