いつもの日記 » この記事

黒い家

 

黒い家
貴志 祐介 (著)

 

サイコパスとの対決ものの初期の貴志作品。悪の教典とかに後に通じるものがあるような感じがします。

 

サスペンスに属する本でしょう。保険金詐欺をめぐって常識の通じない相手とやり取りをしなければならない主人公のジレンマとだんだん追い詰められてくるジワジワ感がいい感じの本です。

 

自分が追っかけられたり、追い詰められたりするのが好きな人には楽しい本でしょう。どうにもならない陰々滅々とした気分が味わえます。細かいあらを探せば気のつくところもありますが、細かいところは無視して雰囲気を楽しめればいいような本でした。

 

★★★★☆ 4点