What's New » この記事

佐藤明機先生の新刊でるんですね?

佐藤明機先生の新刊でるんですね。twitterの方で、告知あがってます。

 

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

 

https://twitter.com/hashtag/佐藤明機?lang=ja

 

佐藤漫画のファンとしては、ここは応援したいところ。

Galleryに一枚追加しました。

扉絵を変更しました。

やっぱり鉄道ものなんですが、こっちの方に変更します。SAIで描くとこんな感じになりました。

扉絵を変更しました。

4月なので、扉絵を変更しました。

青の炎

青の炎
貴志 祐介 (著)

 

貴志祐介作品ですね。男子高校生が主人公のミステリーものです。悪の教典とはまた違うのですが、なんというかその場を取り繕うための小細工が後でことごとく裏目に出て、最後は破滅してしまうというストーリーです。貴志作品にはこのパターン結構多いかも。

 

結末も後味の悪いものになっています。悪の教典のような悪い奴が悪いことをやりまくった挙句のある種の爽快な破滅というのとはありません。むしろ悲しい結末になっています。好みが分かれるでしょう。

 

評価(3) ★★★☆☆

ステレオアンプの製作

電子工作は失敗から学べ!
後閑 哲也 (著)

 

に掲載されている作例を作成しました。今度は、5章の内容ですね。

 

材料費は、これも千円~二千円の範囲で収まりました(スピーカーはむき出し)。

 

今回も特に難しいところは無かったと思いますが、TDA7052Bの脚が付いてるDIPものを見つけられなかったので、変換基板と別々に買ってきて半田づけしました。大体の部品は、秋月とaitendで調達できたと思います(フィルムコンデンサはラジオ会館で買いました)。スピーカーは、秋月で指定の10Wのものが、セットで500円だったので買いました。aitendだと2つで700円ぐらいだったと思います。後で、むき出しのスピーカーを箱に収納することを考えているのなら、二千円ぐらいで対応するスピーカーボックスも売っていたので、その場合はaitendで買ったほうがいいかもしれませんね。

 

20161210b

 

前回作ったFMラジオを早速接続して聞きました。スピーカーはむき出しのままですが、結構大きな音も出ますし、これまた期待以上にいい感じです。キャプチャー写真の様に、ipodTouchなんかも接続できますね。単三電池4本で結構な音が出るのが素晴らしいです。アダプターに変えても使えるから実験だけでおしまいにするのはもったいない作例ですね。

 

また接続にAUXオーディオケーブルを使いますが、100円ショップのセリアで売っているのでそれを使っています。基板を収めるボックスなど結構使えるアイテムが多いので、便利ですね。百円ショップ。

ワンチップFMラジオの製作

電子工作は失敗から学べ!
後閑 哲也 (著)

 

に掲載されている作例を作成しました。

 

今回は、FMラジオを作成してみました。

 

写真はブレッドボードで作成したときのものになってます(そのあとユニバーサル基板に移しました)。

 

20161210a

 

材料費は大体千円~二千円ぐらいで収まります。

 

指定されている材料を集めて作ってみると、aitendで売っていた変換基板付きワンチップICの幅が一列分大きくて、P.103の実体配線図のままにというわけにはいきませんでした。また実体配線図のようにC3のコンデンサを配置したらうまく鳴らなくて、結局P.100の回路図に忠実に配置しなおしたら鳴ったと記憶してます(細々とトラぶってますので記憶も曖昧)。完成したものをイヤホンで聴いてみると、混線もしないし思っていた以上にいい感じで鳴ってくれました。

 

ブレッドボードで作るまでなら、指定部品をはめ込んでいくだけでできちゃうので楽かも。ただ、なんとなくできちゃうので原理の理解にはどうかな?と思いました。

 

選局したラジオ局名を液晶に表示するところまで出来れば、もっと面白いでしょうねヽ(´ー`)ノ

扉絵を更新しました。

やっと12月の扉絵に更新できました。などと言っているうちに、来年になってしまうのですよね。ええ、いつものことです。

扉絵をハロウィン仕様に変更しました。

今年はなんとか間に合いましたが、ハロウィンネタっていまいちイメージがピンとこないので、描くのがもたついちゃってだめですなー(-_-;)

カスペルスキーの低負荷スキャンとWindows10起動時画面真っ暗トラブル

Windows10を使っているんですが、通常どおりに電源を落として暫くしてから再起動したら(※Windowsアップデートファイルを最後にダウンロードしいていたかは見ていない)、BIOS起動後、ログイン画面に入る前の段階で、画面が真っ暗でマウスポインタのみ表示されるという異常な状態に陥りました。

 

こうゆう現象が起こるという話は以前聞いたことはあったんですが、実際突然自分がこれに直面するとなるとこれは焦ります。(;゚ Д゚) …!?

 

なんの予告も無かったし(※終了時の画面確認しないまま離席した)、何が起こっているのか画面が真っ暗な上、ハードディスクへのアクセスだけが延々と続くというのは、とても気持ちの悪い現象ですね。ハードディスクへのアクセス中にリセットもやりたくないし実に困ってしまいます。 ヽ(;´Д`)ノ

 

但し、マウスポインタは動くし、ハードディスクのアクセスランプは何らかの仕事をしているような感じでしたので、様子見という形で2時間ほど放置しておきました。が、2時間経ってもなんにも変化が無いので、リセットボタンで再起動をかけました。再起動後は特に問題無く、ログイン画面から普通に機動することができましたが、あのハードディスクのランプの点滅の仕方は、ウィルスチェックをしてる時とか、システムのバックアップの類をとっている時の様なせわしないアクセスの仕方でしたので、うちのアンチウイルスソフトのカスペルスキーのログを確認したところ、ちょうど画面真っ暗の時間帯に「低負荷スキャン」というのを一時間半近くかけて実行してるのが確認できました。ログインはしてないけど、OSは起動してアイドル状態だったから、スキャンしておいたよということだったんでしょうかね? どうもすっきりしないですねぇ…。

1 / 1112345...10...最後 »